リインフォースII(ツヴァイ) Edit

Reinforce Zwei
CV:ゆかな
シリーズ初登場:A's第13話

登場話数
本編12345678910111213141516
××
17181920212223242526SS01020304 
×
漫画Ep1Ep2Ep3Ep4Ep5Ep6Ep7Ep8Ep9Ep10Ep11Ep12Ep13Ep14
××××

出身:第97管理外世界「地球」極東地区日本・海鳴市
所属:時空管理局本局 古代遺物管理部 機動六課 ロングアーチ
階級:空曹長
役職:部隊長補佐/副隊長補佐/前線管制
局員ID:XTF01253-015231777
魔法術式:古代ベルカ式・総合A+ランク

八神はやて自らが創った人格型ユニゾンデバイス。その際関わったマリエルに全幅の信頼を置いている。闇の書/夜天の書の機能としての「管制人格」だった初代リインフォースと異なり、リインフォースIIは彼女自身が人格型のデバイスである模様。身長約30cm。新暦71年の空港火災の時点では空曹。(第2話)
本編では単に「リインフォース」または「リイン」と呼ばれており、一人称も「リイン」だが、フルネームを名乗るときは「リインフォース・ツヴァイ」と言っている。なお、「ツヴァイ」はドイツ語でZwei、「2」の意味。 はやてにとっては今でも「うちの末っ子」扱い。ヴォルケンリッターの面々からも妹のような扱いを受けており、特に年齢設定の近いヴィータとは仲がいい。
まだまだ成長途上のせいか、よく食べてよく寝るらしい。はやては、鞄様のリインフォースII専用の移動寝室(通称「おでかけバッグ」)を持っている。(第3話)

A'sからの変更点として、はやてに対する呼び方が挙げられる。A'sでは「マイスターはやて」と呼んでいた。一方、StrikerS漫画版時点では、はやてのことは、任務中は「マイスターはやて」、プライベートでは「はやてちゃん」と呼び分けている様子だった。StrikerS本編では「はやてちゃん」になっている。雑誌記事によると、自らが甘えたい相手に対してちゃん付けをするとのことであり、他にヴィータが同様に呼ばれている。また、瞳の色が、A'sでは黒色だったが、StrikerSでは濃青色になっている。

かつて「闇の書」と呼ばれ、無数の悲しみの果てに得た主、はやてによって温もりと新たな名を与えられつつも、はやてのために闇の書とともに消えていったその管制人格「リインフォース」の名を受け継いでいる。受け継いだ当人も、はやてや騎士達から語られる自分の名前の由来に深い思い入れがある模様。なお、先代のリインフォースとは直接の面識は無いが、先代が遺した「夢」を通じて先代の姿を見て、言葉を聞いている(StrikerS SS03)。

その真価は、適合する騎士(ロードと呼ばれる)との融合による飛躍的な能力向上にあるが、単身での魔法使用も可能で、凍結・冷却系魔法を重点的にに習得している。これは資質や得意としているためではなく、機動六課メンバーおよび守護騎士に使い手がいないためである。
ユニゾンははやて以外にシグナム、ヴィータとも可能で、第16話ではヴィータ、第21話ではシグナムとユニゾンしていた。ユニゾン後は、共通して騎士服、髪、瞳などが白系統の色に変化している。
また、普通の子供くらいの大きさ(エリオやキャロと同じくらい)になることが可能(StrikerS SS01)。海鳴市など、魔法の存在しない世界で行動するときはその姿をとる。StrikerS SS01でははやてが9歳のときに着ていた服(A'sSS02レーベルで着ていた服)をそのまま着ていたので、おそらくA's時のはやてとほぼ同じくらいの身長だと思われる。本人によると「燃費があまりよくない」ため、普段は小さいままでいるほうが楽らしい。

機動六課では、後衛においては各種管制を始めとしたはやての補佐を勤め、前衛においては現場管制のほか、各分隊の副隊長を支援する。職場では「ちっちゃい上司」として親しまれている。はやてとは別行動をとることが多く、ユニゾンの機会はあまりなかった。通常、人の目線から肩くらいの高さで浮遊していることが多い。六課設立前、ミッドチルダにおける空港火災の際にはゲンヤに協力して現場管制に努めていた。
地上本部襲撃戦ではヴィータとユニゾンし、ゼスト・アギトと戦うもゼストのフルドライブの一撃からヴィータとグラーフアイゼンをかばって防御魔法を展開、その負荷により一時意識不明の状態に陥った(DVD6巻ブックレット)。
ゆりかご起動後の決戦では、シグナムと共に本部防衛にあたっていたが、アギト・ゼストとの交戦の後、シグナムと別れてはやての元に向かう。その後はやてとユニゾンしてゆりかごに突入、ヴィータを救出した後、開放されたガジェットの大群を蹴散らしながらなのはとヴィヴィオの救出に向かう。
最終話エピローグでは八神家の新たな一員としてアギトを迎え、元気に喧嘩していた。
六課解散後は資格取得に向けて努力をしている。(SSM3)

A'sエピローグ時、及びStrikerS漫画版Episode-1において剣十字型のデバイスから呼び出されている描写があり、もともとは闇の書の管制人格とおなじくデバイスの一部として作成されたものと推測される。後に分離が行われたらしく、StrikerS本編において剣十字のデバイスとは別々に行動している描写がある。

使用デバイスは、自らの一部といっても良いストレージデバイス「蒼天の書」。

蒼天をゆく祝福の風

主な使用魔法
柔らかき支柱(第1話)
フリーレンフェッセルン(第12話)
フリジットダガー(第12話、第17話)
リングバインド(第12話)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-13 (金) 19:24:52