ヴィータ Edit

Vita
CV:真田アサミ
シリーズ初登場:A's第1話

登場話数
本編12345678910111213141516
××××
17181920212223242526SS01020304
×
漫画Ep1Ep2Ep3Ep4Ep5Ep6Ep7Ep8Ep9Ep10Ep11Ep12Ep13Ep14
×××××

所属:時空管理局本局 古代遺物管理部 機動六課 スターズ分隊(本局航空隊1321部隊)
階級:三等空尉
役職:スターズ分隊副隊長兼戦闘教官
局員ID:XTF01241-015214281
コールサイン:スターズ02
魔法術式:古代ベルカ式・空戦AAA+ランク
所持資格:戦技教官/小隊指揮官
※所属について、公式サイトの表記では、本局航空隊第1321部隊が「前所属」ではなく「所属」となっているため、なのは・フェイトらと同じく出向扱いの可能性がある。公式の表記ミスかどうかは現在不明。ちなみにシグナムは「前所属」と表記されており、StrikerSトレカライトN22にはシグナム同様「前所属」として「特別捜査官補佐・本局航空隊第1321部隊」の記載がある。

はやての守護騎士(ヴォルケンリッター)の一員にして「鉄槌の騎士」の二つ名を持つ。
漫画版開始時点では管理局本局付き配属。A's本編終了から6年の間に、海鳴市老人会のゲートボール大会で見事優勝を飾ったらしい。
守護騎士たちは成長しないので見た目の年齢は変化していない(そのため、外見上はキャロやエリオと同年代に見える)が、変身魔法を使って誤魔化すことは可能らしく、いつか海鳴市に戻ったときに使用することを考えていた。
教官資格を取得しており、六課ではなのはとともに新人の戦闘教導も行う。
A'sの後にあった、なのはの「事故」に深く関わっている(StrikerS漫画版Episode-2、第9話等)。そのことが本人にとって忘れ難い記憶となっており、度々なのはを気遣うような素振りを見せることもある。

機動六課ではスターズ分隊の副隊長としてなのはを補佐し、教官として新人達(特に自分と役割が似通うスバル)を厳しく鍛えていく。直情的な部分は10年前と同じようで、第7話ではスバルを誤射しかけたティアナをしたたかに怒鳴りつけたこともある。また、第9話で子供じみた意地を張ってなのはに反抗するティアナに対し、文字通り目の色を変えて怒鳴ろうとしていた(この時はなのはに制止されたが)。
もっとも、不器用ながらも仲間を思い遣る部分も変わらず、同話で新人達のところまで敵を通さないと言い切って、シグナムに「過保護だな」とからかわれたりもしている。また、デスクワークなどの面でも教育を担当している模様(StrikerS漫画版Episode-9)。「ヴィータとの付き合いもずいぶん長いが、あんなに指導教官が板につくとは正直驚きだ」とはシグナムの弁。
部下に恐れられつつも慕われる、愛すべき上官への道を進みつつある。(StrikerS SS02ブックレット)

普段から乱暴で直球な言動が目立つが、本気で激怒したと思われる場面では、瞳の黒眼部分が極端に小さくなり、蒼い目となるという共通的な描写がされている。これがいわゆる「マジ切れ」状態の特徴、と考えられている。A'sでも第1話で帽子をなのはに飛ばされた時が印象的だった。
StrikerSでは第9話でティアナが暴言を吐いたときと、第12話でルーテシア(実際にはクアットロ)に「また守れないかも」と言われたとき、第21話でなのは撃墜事件の元凶となったガジェットIV型を見た瞬間にこの蒼い目になっている。

ヴォルケンリッターの中では最年少(の設定)のためか、リインフォースIIが作られる際にははやてに自分より年下にしてくれと頼み込み、そして産まれたリインフォースIIを妹のように可愛がっている。 リインフォースIIとユニゾンした際は、騎士服が白基調に、髪の色はオレンジ、瞳も青が大部分を占めるように変化している。
ゆりかご攻略戦ではなのはと共にゆりかご内部に突入し、駆動炉の破壊に赴く。膨大な数のガジェット群との死闘の末、グラーフアイゼンを砕けさせ、自らも胸を貫かれるなどの致命に至る傷を負いつつも、ついに堅固な守りを砕きメイン駆動炉の破壊に成功。力尽きた所をはやてによって救われる。
なお、回復は人一倍早かったらしく、事件解決後はなのはと共にそれまでに増して厳しくスバルらを指導している。(StrikerS漫画版Episode-13)

機動六課解散に際して、なのはから航空戦技教導隊への誘いを受けている(StrikerS漫画版Episode-13)。この件に関しては、回答保留としているものの、数年以内には異動命令を受けるだろうと予感している。
なお、教導隊の制服を着用している写真があるが(StrikerS漫画版第2巻描き下ろし絵)、これは六課解散から約1年後に予感が現実のものとなった事によるものである(StrikerSオフィシャルファンブック)。

使用デバイスは前作から変わらず、ハンマー型アームドデバイス・(くろがね)の伯爵こと「グラーフアイゼン」。

主な使用魔法
シュワルベフリーゲン(第2話、第7話、第16話)
ラケーテンハンマー(第9話、第21話)
ギガントハンマー(第12話、第16話)
コメートフリーゲン(第21話)
ツェアシュテールングスハンマー(第25話)

→ヴィータ(A's)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-12 (金) 10:34:53