[[NanohaWiki]]

''魔法少女、育てます。''~
ここでは『魔法少女リリカルなのはStrikerS』の登場人物説明が記載されています。
1期及びA'sからの登場人物は、StrikerSからの追加、変更事項のみ載せています。~
~
注意:一部の登場人物については、編集の関係上、別ページになっているものがあります。
//掲載順は、公式ページ、雑誌等の掲載順序、または登場順にしています。

考察/予想/妄想/etcは[[StrikerS考察/登場人物]]にてお願いします。~

|>|>|>|BGCOLOR(#E0F0FF):機動六課|
|BGCOLOR(#E0F0FF):[[機動六課隊長陣>#laccdb87]]|[[高町なのは>#mcb9f7ce]]|[[フェイト・T・ハラオウン>#xb223d4b]]|[[八神はやて>#y3982d18]]|
|BGCOLOR(#E0F0FF):[[スターズ分隊>#g5715de7]]|[[ヴィータ>#q7e81581]]|[[スバル・ナカジマ>#e36d7769]]|[[ティアナ・ランスター>#ae9bd9fb]]|
|BGCOLOR(#E0F0FF):[[ライトニング分隊>#i37a089b]]|[[シグナム>#z9836ba7]]|[[エリオ・モンディアル>#e41e6beb]]|[[キャロ・ル・ルシエ>#ba53b2ec]]&br;召喚竜:[[フリードリヒ>#q3975193]]&br;     [[ヴォルテール>#h87de22c]]|
|BGCOLOR(#E0F0FF):[[ロングアーチ>#b79f0150]]|[[リインフォースII(ツヴァイ)>#m6209799]]|[[シャマル>#p72d8706]]|[[ザフィーラ>#t2328e7e]]|
|~|[[ヴァイス・グランセニック>#mc18f52f]]|[[シャリオ・フィニーノ>#jab79ef5]]|[[グリフィス・ロウラン>#j252d624]]|
|~|[[アルト・クラエッタ>#b8dedcf1]]|[[ルキノ・リリエ>#re16645c]]|[[アイナ・トライトン>#a28f928a]]|
|||||
|>|>|>|BGCOLOR(#E0F0FF):[[重要人物>#zc3bc469]]|
|[[ヴィヴィオ>#b3becb02]]||||
|||||
|>|>|>|BGCOLOR(#E0F0FF):[[陸士108部隊>#q8e608d8]]|
|[[ゲンヤ・ナカジマ>#jf6098d8]]|[[ギンガ・ナカジマ>#gc6fd56a]]|[[ラッド・カルタス>#l72c2c83]]||
|||||
|>|>|>|BGCOLOR(#E0F0FF):[[時空管理局地上本部>#p78b482b]]|
|[[レジアス・ゲイズ>#r5c847eb]]|[[オーリス・ゲイズ>#w9370c73]]|[[ティーダ・ランスター>#x8997156]]|[[クイント・ナカジマ>#f6aad934]]|
|[[メガーヌ・アルピーノ>#sea05585]]||||
|||||
|>|>|>|BGCOLOR(#E0F0FF):[[時空管理局本局>#gb4119df]]|
|[[クロノ・ハラオウン>#r55ef381]]|[[ヴェロッサ・アコース>#j13fe50b]]|[[ユーノ・スクライア>#odbf1fb7]]|[[マリエル・アテンザ>#k4497463]]|
|[[レオーネ・フィルス>#n669a4fc]]|[[ラルゴ・キール>#dbf9c048]]|[[ミゼット・クローベル>#edd0b92e]]|[[リンディ・ハラオウン>#m47801be]]|
|[[レティ・ロウラン>#d3e53b76]]||||
|||||
|>|>|>|BGCOLOR(#E0F0FF):[[聖王教会>#k2479ba2]]|
|[[カリム・グラシア>#mf924479]]|[[シャッハ・ヌエラ>#q2556892]]|||
|||||
|>|>|>|BGCOLOR(#E0F0FF):[[Unknown>#d1166566]]|
|[[ジェイル・スカリエッティ>#i7dfbe05]]|[[ナンバーズ>#df6b0d82]]|||
|[[ルーテシア・アルピーノ>#fa1ce43f]]&br;召喚虫:[[ガリュー>#o5eec71b]]&br;     [[インゼクト>#p8e0097e]]&br;     [[地雷王>#d12b82f3]]&br;     [[白天王>#q9bf510e]]|[[ゼスト・グランガイツ>#oe70fff4]]|[[アギト>#v002133a]]||
|||||
|>|>|>|BGCOLOR(#E0F0FF):[[その他(一般)>#waa4e28f]]|
|[[アルフ>#z8823ccc]]|[[ラグナ・グランセニック>#x0b4268b]]|[[高町士郎>#va0988ba]]|[[高町桃子>#s71bb4ec]]|
|[[高町美由希>#gec6fc25]]|[[エイミィ・ハラオウン>#x8ad58af]]|[[アリサ・バニングス>#ne7f6c3e]]|[[月村すずか>#ja2d8cd2]]|
|[[闇の書の意志>#p990112f]]|[[高町恭也、月村忍>#s2f0deae]]|||
|||||
|>|>|>|BGCOLOR(#E0F0FF):[[その他(管理局関係)>#l6e997e7]]|
|[[ファーン・コラード>#b36d5a21]]|[[ミラ>#q6056283]]|[[タント>#u1029b9a]]||

~

*機動六課隊長陣 [#laccdb87]

#include(登場人物/StrikerS/高町なのは)

#include(登場人物/StrikerS/フェイト・T・ハラオウン)

#include(登場人物/StrikerS/八神はやて)

*スターズ分隊 [#g5715de7]

#include(登場人物/StrikerS/ヴィータ)

#include(登場人物/StrikerS/スバル・ナカジマ)

#include(登場人物/StrikerS/ティアナ・ランスター)

*ライトニング分隊 [#i37a089b]

#include(登場人物/StrikerS/シグナム)

#include(登場人物/StrikerS/エリオ・モンディアル)

#include(登場人物/StrikerS/キャロ・ル・ルシエ)

*ロングアーチ [#b79f0150]

#include(登場人物/StrikerS/ロングアーチ)

*重要人物 [#zc3bc469]
** ヴィヴィオ [#b3becb02]
Vivio~
CV:[[水橋かおり>CV:水橋かおり]]~
初登場:StrikerS第10話(第13話で名乗るまで「謎の少女」)~
第10話で、何かから逃げるように鎖で繋がれたレリックを引きずっていたところを休暇中のエリオとキャロによって確保、保護。更に紆余曲折の末、そのまま機動六課に保護された少女。~
その後の検査で人造生命体であることが確認された。このため正確な年齢は不明ながら、言動からすると4、5歳相当かと思われる。~
その後の検査で人造生命体であることが確認された。このため正確な年齢は不明ながら、4部作より逆算すると6、7歳相当と思われる。~

右目が翡翠、左目が紅玉のオッドアイなのが特徴。これは古代ベルカにおいて「聖者の印」として尊ばれていた。~~
ヴィヴィオが入っていたと思しき生体ポッドが発見された現場の周辺には、ガジェットドローンI型の残骸が確認されている。~
また、発見前後に6体の活動停止がスカリエッティに報告されているが、その時点では管理局やナンバーズなどのレリックに関わる第三者による介入の形跡はない。~
また、スカリエッティからはSランク相当の砲撃でも死ぬことはないと語られていた。それは古代ベルカ王族の持つ固有スキル「[[聖王の鎧>魔法/StrikerS#re209e34]]」による事からの推測であろう。~
機動六課に保護されてからは、なのはに懐いて離れようとしなくなってしまい、なのはが困る姿を見たはやてに「エース・オブ・エースにも勝てない相手がいる」と言わしめた。

第13話時点での管理局側の検査結果では、魔力は平均以上ではあっても普通の子供の域は出ず、その時点では特別な能力は確認されていないとされたが、人造生命体であるがゆえに未知の潜在能力を危険視されていた。エリオ曰く「プロジェクトFはまだ続いている」。~
第14話にて保護責任者になのは、その後見人にフェイトが付いてなのは達に預けられる事になった。六課壊滅前はなのはとフェイトの部屋で暮らしていた。~
なお、なのはとフェイトの彼女に対する接し方は、それぞれの個性が現れている。また、なのはのことを「なのはママ」、フェイトのことを「フェイトママ」と呼ぶため、事情を知らないマリエルに2人の子供と誤解されたことも。~

公開意見陳述会襲撃時に六課本部を襲撃したルーテシア一行により拉致され、スカリエッティによってレリックコアを移植されて聖王のゆりかごの起動キー「鍵の聖王」として用いられることとなる。~
スカリエッティの言動から、「聖王の器」の呼び名の由来はこの起動キーとしての役割と判明し、かつて聖王教会から持ち出された聖骸布に付着していた聖王のDNAから生み出された存在の一つであると語られている(ただし、彼自身がヴィヴィオ創造に関与したという情報は無いため、スカリエッティ一味以外の勢力が創り出したものと推測される)。

第23話にてクアットロによるゆりかごへの強制連結と精神操作を契機としてレリックウェポン完成体、虹色の魔力光「カイゼル・ファルベ(Kaiserfarbe)」を持つ「聖王ヴィヴィオ」として覚醒、なのはと激闘を繰り広げることになる。~
第24話ではなのはを圧倒しているシーンが映り、かなりの実力をもっている事が伺える。~
設定だけでも、ゆりかご駆動炉からの魔力供給、聖王の鎧、高速データ収集による攻撃の無効化及び学習という高能力を有している。~
この「聖王(覚醒)」状態では幼女の格好ではなく、17歳前後の少女の姿になり、服装も黒を基調とした服に変更、髪型がサイドポニー(制服なのはと同じ髪型)になる。この姿はヴィヴィオ本人の記憶にある「憧れと愛しさ、そして強さの象徴」である人物の影響が色濃く表れている。~
//(SS02、漫画版Episode-10に伏線あり)~
この時に使用した魔法は基本的になのは・フェイトの二人が習得している魔法を使用している。これは保護されている間に学習した物で、実際に二人の出演している教材ビデオを視聴しているシーンがある(漫画版StrikerS Episode-10)。

また、出自に関しては最高評議会の意向が絡んでいる事も明らかにされた。この時彼女の「母親」についてのデータも少しだけ明らかになり、「古代ベルカ時代、約300年前の人物」との事。~
この件については第25話で自身も気がついたようであり、幼女の姿は自分を保護し、魔力データの収集をさせる相手を探すのに有効な「手段」であり、本来は「兵器」であると涙ながらに語っている。~

本来の魔力資質は古代ベルカ式では極めて稀な純粋魔力の射出・放出系だが、なのはやフェイトとの接触によって彼女達の保有魔法の他、格闘打撃に魔力を乗せるベルカ式の基本技術や腕にまとわせた魔力刃のような運用を学習し、使用している。
死闘の末、なのはのスターライトブレイカーex-fbによって埋め込まれていたレリックコアが破壊され、本来の子供の姿に戻り、再びなのはによって保護される。なお、この聖王状態の時に起きた事は姿が戻った現在も覚えている。~

エピローグでは正式に親をなのはとして、苗字が付き「高町ヴィヴィオ」となり、不明だった年齢が6歳(保護時5歳)で確定された。また、本人の希望により他の子供達と同じように聖王教会系列の魔法学院に通学する事になる。~
魔法適正がベルカ系統ながら、ミッド式の両親の影響が大きい事から、魔法を学ぶ時にどちらを覚えるかは周りに興味を持たれている。~
また、年頃の少女らしく読書・料理・スポーツ等の全くの別分野にも興味を持っている。~
なお、無限書庫での読書のためにユーノから読書魔法・検索魔法を習得している。(SSM3)~
後に、無限書庫の司書資格も取得している。また、無限書庫はなのはとの待ち合わせ場所にもなっているほど。~

好きな飲み物はキャラメルミルク(なのはの手作り)で、嫌いな食べ物はピーマン。~
ただし、ピーマンに関しては事件終了後3カ月くらいで克服を遂げている。(SSM3)~
//StrikerSトレカN26参照しました。

名前の由来は、おそらく富士重工業の軽自動車「[[ヴィヴィオ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AA]]」。

:主な使用魔法|
セイクリッドクラスター(第25話)~
インパクトキャノン(第25話)~
プラズマスマッシャー(第25話)~
プラズマアーム(第25話)~

*陸士108部隊 [#q8e608d8]

** ゲンヤ・ナカジマ [#jf6098d8]
Genya Nakajima~
CV:[[大川透>CV:大川透]]~
初登場:StrikerS漫画版Episode-4/StrikerS第2話~
出身:ミッドチルダ西部エルセア~
所属:時空管理局 陸上警備隊第108部隊~
階級:三等陸佐(4年前→現在)~
役職:第108部隊長~

スバルとギンガの父親。新暦71年の空港火災にスバル達が巻き込まれたのは、彼に面会に来る途中のことで、彼自身も途中から現場に駆けつけ、はやてに代わって応援部隊の指揮を執っていた。~
新暦72年時点から、時空管理局陸士108部隊長。~
本人の気持ちの中では、二人の娘を局員にはしたくなかったらしい。~
妻クイントの事故死に疑問を抱き、地道な捜査を続けていたが、亡き妻との約束で2人の娘を育てる時間を優先した事もあり、告発できるほどの確証には至っていない。はやてがゲンヤの部隊に捜査を依頼したのはそれに気を回してのこと。~

はやては、前述の空港火災の後、一時期ゲンヤの部隊で研修をしていたことがあり、ゲンヤのことを「師匠」と呼んでいた(第6話)。
本編中では、そういう個人的な関係もあって、部下(カルタスとギンガ)を機動六課の捜査協力にあてることになる。~
また、はやてが個人的な内容の相談に訪れる事もある(StrikerS漫画版Episode-13)。

事件後は更正組戦闘機人の世話をギンガと共にしており、新たに増えた「7人の子供達」を見守っている。~
また、チンク・ノーヴェ・ディエチ・ウェンディの正式な保護者となっている(他の3人はカリム・シャッハが名乗り出た)。(DVD全巻購入特典カード)

スバルの話によると、先祖は第97管理外世界(つまりなのは達と同じ世界)の出身だが本人は行った事がないそうだ(第6話)。~
StrikerS SS01によると魔力資質はゼロとのこと。~

** ギンガ・ナカジマ [#gc6fd56a]
Ginga Nakajima~
CV:[[木川絵理子>CV:木川絵理子]]~
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|LEFT:''登場話数''|
|本編|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|
|~|×|○|×|×|×|○|×|×|×|○|○|○|×|○|○|○|
|~|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|SS|01|02|03|04||
|~|○|△|△|△|△|○|○|△|○|○|~|×|×|×|○||
|漫画|Ep1|Ep2|Ep3|Ep4|Ep5|Ep6|Ep7|Ep8|Ep9|Ep10|Ep11|Ep12|Ep13|Ep14|||
|~|×|×|○|×|×|○|×|×|○|△|○|○|○|○|||
出身:ミッドチルダ西部エルセア~
所属:時空管理局 陸上警備隊第108部隊→機動六課(出向)~
階級:陸士候補生(4年前)→二等陸士(3年前)→陸曹~
役職:捜査官~
局員ID:JMB036233-032264523~
魔法術式:近代ベルカ式・陸戦Aランク~
所持資格:捜査官/2級通信士~

スバルの2歳年上の姉で、陸戦魔導師。17歳。スバルにとって母親代わりでもあり、格闘技術(シューティングアーツ)の師でもある。~
スバルと同様に騎士ではなく魔導師で登録している。~
第11話ではフォワード隊と合流した際に「ここまでのガジェットはほとんど叩いてきたと思うから」とあっさりと言い、ガジェットIII型の砲撃を小型シールドだけで弾いた。続く11話Bパートから12話Aパート間で二度にわたりガリューと正面から激突、ほぼ互角の戦いを演じるなど、スバルの師にふさわしい実力を見せている。
第15話でのスバルとの模擬戦では激戦の末スバルに勝利し、スバルとほぼ同一の戦闘スタイルながら、まだまだ一枚上手な所を見せた。~
スバルのイメージカラーが空色なのに対し、彼女のイメージカラーは紫。~

新暦71年、陸士候補生だった彼女は妹のスバルと共に父親のところに遊びに行ったところで空港火災に遭遇、たまたまはぐれていたスバルを捜して建物の奥に迷い込み、崩落に巻き込まれかけたところをフェイト・T・ハラオウン執務官に助けられている。(第2話)。この13歳当時の身長は140cm程度(作画用設定資料)。~
新暦72年時点から、陸士108部隊捜査官。当時の階級は二等陸士。(StrikerS漫画版Episode-4)~
普段は大人びた風貌と態度だが、興味を持った事例を前に『質問→返答を待たずに再質問・意見』と言うトーキングモードに入ってしまい、ティアナに「やっぱ姉妹って似るもんだなぁ……」と言う感想を持たれている。(StrikerS漫画版Episode-6)~

スバル同様、人工的に生み出されたナンバーズ達のオリジナルでもある戦闘機人実験体「タイプゼロ・ファースト」であり、クイント・ナカジマによって救い出された過去を持つ。故にゲンヤや亡母とは直接の血のつながりは無い。だだし、自分たちを救い出したクイントと遺伝資質が同一であり、何者かがクイントの遺伝子を用いて生み出した一種のクローンともいえる。~
スバルとはあくまでも元となった遺伝子が同一というだけの便宜上の姉妹であるが、妹を想う気持ちは人一倍で、どんなときにもスバルを護る事を自分に課していた。(第2話、第23話、他)~

本編中では、はやての要請に応える形で、ゲンヤによりカルタスと共に機動六課のフェイトの指揮下で捜査協力するように命じられ、第11話にて機動六課の新人フォワード陣と共闘。その後、第15話より正式に機動六課に出向となった。~
第17話で、チンク・ノーヴェ・ウェンディと交戦し重傷を負い、チンク達に捕獲される。
この時、彼女は左腕をもがれて瀕死、言い換えれば「機能停止」状態であった。しかし、第19話にてスカリエッティによって蘇生・レリックをリンカーコアと強制融合させられるなどの改造後、「13」のナンバーを与えられ、レリックウェポン兼ナンバーズの一員としてスバル達の前に立ちはだかった。~
スバルとの戦闘は、最初はギンガが圧倒するものの、第23話にて真っ向勝負の末スバルに倒され、本来の意識を取り戻す。~
なお、操られていた間の事はおぼろげながら記憶にあるらしく、その事に関しては自身の未熟と不慮を猛省中。~

第26話のエピローグでは、ナンバーズ達の更正プログラムに参加し、指導を行っていた。~
捜査官としての職務にも復帰し、負傷のリハビリもしながら自身の技を磨いている。~

使用デバイスは、ナックル型のカートリッジ式アームドデバイス「[[リボルバーナックル>デバイス/StrikerS#fde81f97]]」の「左手」(詳細はリボルバーナックルの項を参照)と、機動六課から協力への感謝という形で支給された、スバルと同じローラーブーツ型デバイスである「[[ブリッツキャリバー>デバイス/StrikerS#wc17399b]]」。~

名前の由来は、おそらく「中島飛行機製作所」が生産(開発は海軍航空技術廠)した大日本帝國海軍陸上爆撃機「銀河」。~

:主な使用魔法|
トライシールド(第11話)~
ナックルバンカー(第12話)~
ウイングロード(第12話、第15話、第22話、第23話)(インヒューレント魔法)~
ディフェンサー(第15話、第23話)~
リボルバーギムレット(第22話、第23話)~

** ラッド・カルタス [#l72c2c83]
CV:[[柿原徹也>CV:柿原徹也]]~
初登場:StrikerS第6話~
所属:時空管理局 陸上警備隊第108部隊~
階級:二等陸尉~
役職:捜査主任~

陸士部隊でのギンガの上官。捜査主任。はやてと面識がある。~
はやてからの要請を受けたゲンヤの指示で、ギンガと共に機動六課と共同捜査を張る。~
事件後はギンガ・ゲンヤと共にナンバーズ達の更正にも関わっており、ナンバーズ達からは「頼れるお兄さん」扱いで慕われている。~
名前の由来は、おそらくスズキ(日本の自動車メーカー)の「[[カルタス:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%B9]]」。

*時空管理局地上本部 [#p78b482b]
** レジアス・ゲイズ [#r5c847eb]
Regius Gaiz~
CV:[[石原凡>CV:石原凡]]~
初登場:StrikerS第10話~
出身:ミッドチルダ東部~
階級:中将~
役職:首都防衛隊代表/防衛長官~
局員ID:GGP00691-003213243~
所持資格:大隊指揮官/防衛長官/戦力統御/外交アドバイザー/文化遺産保護官~
//force managementはいい訳が思いつかなかったので・・・いい訳できた方どなたかお願いします
~
公式罪状:XAR117-24 法官吏による不法行為~
犯罪行為:公文書偽造・管理義務違反~
犯罪者ID:AG-X-99631-R963264475523-30~
//DVD全巻購入特典カードより

入局40年の大ベテラン、地上本部の数多くの実権を握り、多大な影響力を行使できる事実上の地上本部総司令。54歳。~
//入局が14歳とDVD全巻購入特典カードに記載されているため。
第10話にて演説をしたのが初登場。シグナムの話によると古くから武闘派らしい。~
第12話では、独自の見解で八神はやてとグレアムを「犯罪者」と定義し問題発言をしていた。しかし後述のとおり、現に罪を犯していたのはレジアス本人であった。~
地上部隊に誇りを持つ年季を重ねた人物の様であるが、上記の犯罪者発言を筆頭に、口は相当悪い。しかし人望はそれなりに厚い。~
また、本局や次元航行部隊(通称「海」)、聖王教会などとは組織運営に対する姿勢に根本的な違いがあり、カリムの預言書などレアスキルのことを嫌っている。~
豪腕な政略家でクロノ曰く「優秀な人物で地上の正義の守護者」だが黒い噂が絶えない。しかし、武力強化によってミッドにおける犯罪増加率を抑え込む事に成功しており、治安維持の実力はある。~
良くも悪くも管理局最高評議会からの信任があり、決して表沙汰にできない裏事情にも携わっている。バックボーンは非常に厚いと言えよう。~
最高評議会と共に「アインヘリアル」と呼ばれる地上防衛兵器の生産計画を推進している。~

しかし、地上側の戦力が少なくなる事に業を煮やしたレジアスは、人造魔導師や戦闘機人の戦力運用という、非人道的な犯罪行為に手を出し、スカリエッティと裏で手を組んだ。~
このことに関して、ゼストとも深く決定的な因縁がある。元々レジアスとゼストは友人であったが、戦闘機人事件を追っていたゼストとその部下達(クイントとメガーヌを含む)を戦死させたのは上官だったレジアスではないかという疑念がゼストからかけられていた。作中の描写を見る限り、事後的に殺害を知らされただけで直接かかわってはいないようにも思えるが、彼の行動が招いた結果であるためか罪悪感は感じていたらしく第23話で「ゼストと会わなければならない」という趣旨の発言をしている。~
ところが、スカリエッティに裏切られた彼は失意に沈むこととなった。~
これまで守り続けてきた地上に、自ら破壊の火種をまき、これを未曽有の危機に曝した張本人になってしまったのである。~
最期は、第24話でゼストに何かを語ろうとした所を、局員に化けていたドゥーエに背後から刺され死亡した。シリーズ通じて、話中におけるメインキャラ初の死者(※)。~
※他の例としては、虚数空間に消えたプレシア・テスタロッサ(事実上死亡と思われるが、書類上行方不明)や、既に亡くなっているアリシア・テスタロッサ、クライド・ハラオウン、エリオ・モンディアル(本物)、ティーダ・ランスター、クイント・ナカジマがいる。~

このように晩年は非常に落ちぶれたが、死後、戦闘機人事件の裏取引についてなどが知られ、凶悪犯罪に加担していたことが明るみになってもなお、過去の業績に対しては一定の評価がなされており、「不足した戦力で地上の平和を護り通した英雄」と認識する局員や一般市民も多い。~
~
なお、レジアスには魔力資質は無い。(第24話)~
名前の由来は、おそらくトヨタのミニバン「[[レジアス:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%B9]]」。
** オーリス・ゲイズ [#w9370c73]
Auris Gaiz~
CV:[[桑谷夏子>CV:桑谷夏子]]~
初登場:StrikerS第12話(第22話以前のEDクレジットの表記は「副官オーリス」。DVDでは12話からフルネーム)~
出身:ミッドチルダ東部~
階級:三佐~
役職:防衛長官秘書~
局員ID:GGP047110-063394681~
所持資格:外交官/戦力統御補佐/会計管理士I-A~
~
公式罪状:XAR117-24 法官吏による不法行為~
犯罪行為:公文書偽造・会計偽装~
犯罪者ID:AG-X-99631-R963264475523-32~
//DVD全巻購入特典カードより

レジアス中将の部下、副官でレジアスの娘。身長は約170cm。~
レジアスはオーリスがこの職に就く事を反対していたが、父の反対を押し切りこの役職に就いた。~

副官としては、「海」や教会への攻撃材料に使うため査察によって六課の失態を暴こうと考えるレジアスに対し、冷静に六課が何時でも切れるトカゲの尻尾に過ぎないと進言するなど、有能な人物である様子。~
レジアスが推進する『アインヘリアル』や『例のプラン』といったオーリス本人が過ぎた力、と思うことも「あのお方が選んだ道」と肯定している。~
はやての「過去」について知る所があるのか、レジアスがはやてを「犯罪者」と言った時、それを諫めると共に「(闇の書の罪を被ることまで含め?)それすらも彼女の望みなのでは」という趣旨の発言をしていた。~

ファミリーネームが同じであり、第23話でレジアスが「オーリスの強情っぷりは小さい頃から変わらない」という趣旨の発言をゼストにしていた事、第24話では本人がレジアスに向け「お父さん」と言った事からレジアスとは親子である事が判明している。~

事件後には、自身も裏取引に関わっていた為逮捕され、裁判にかけられている。~

名前の由来は、おそらくトヨタの中型ハッチバック「[[オーリス:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9]]」。~

** ティーダ・ランスター [#x8997156]
//Teda Lanster~
//綴りは仮です
初登場:StrikerS第8話~
所属:時空管理局 首都航空隊~
階級:一等空尉(6年前当時)~
ティアナの兄。StrikerS本編においては故人。ティアナとは11歳離れている。~
両親が早く死亡したティアナにとって唯一の肉親。執務官志望のエリート空士だったが、ティアナが10歳の頃(StrikerS本編から約6年前)に、逃走違法魔導師追跡任務に従事し、魔導師と交戦し殉職。享年21歳。~
精密射撃魔法を得意としており、ティアナに射撃魔法を教えたのも彼。~
彼の死後、その遺志を継ぐとしてティアナは管理局への道を志しており、現在のティアナに多大なる影響を与えた人物。~
名前の由来は、おそらく日産自動車(日本の自動車メーカ)のコンパクトワゴン「[[ティーダ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%80]]」と推測される。
** クイント・ナカジマ [#f6aad934]
Quint Nakajima~
CV:[[百々麻子>CV:百々麻子]]~
初登場:StrikerS漫画版Episode4/StrikerS第4話(名前は第18話、台詞は第23話)~
階級:准陸尉~
役職:捜査官/前線部隊分隊長~
魔法術式:近代ベルカ式・陸戦AAランク~

ギンガとスバルの母親、ゲンヤの妻。身長160cm。~
元々、戦闘機人事件を追っていた捜査官。~
その捜査の間にまだ小さかったギンガとスバルを保護する。子供ができなかったせいもあって、この2人を我が子のように育てたが、2人の物心ついたころ特秘事項の捜査で死亡。享年は20代の中頃。裏でレジアス中将が絡んでいるのでないかと八神はやては推測している。~
ギンガとスバルの「育ての親」となったものの、偶然か否か、遺伝形質がクイントのものと同じであることが判明したため、「遺伝子工学的」とは言え、本当の意味での「母親」とも言える。~
生前の性格は「明るく強い姐さんタイプ」との事(メガミマガジン2007年9月号都築コメント)。~

また、ゼストの部下であり、同僚にはルーテシアの母メガーヌもいた。メガーヌと二人で動いているシーンもあり、戦場でも二人は共に動いていた事からコンビとも思われる。~
ちなみにギンガとスバルの使う格闘技法「シューティングアーツ」の元々の使い手。~
クイント自身は学生時代からこの格闘技法の研鑽を積んでいた。~
使用デバイスは両手に装備されたリボルバーナックルで、現在娘達が使っているリボルバーナックルの元々の保有者である(色は両手ともクイント装備時は紫色だが、ナックルは色変更が可能な為色が違っても同一である)。また脚部にはローラブーツを装着しており、スバルの自作ローラーと同じ魔力駆動の簡易デバイスと思われる。~
名前の由来は、おそらくホンダ(日本の自動車メーカー)の「[[クイント:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88]]」と思われる(「インテグラ」の前身)。 またQUINT(クイント)とはラテン語で「5」の意。~

**メガーヌ・アルピーノ [#sea05585]
Megane Alpine~
CV:[[中原麻衣>CV:中原麻衣]]~
初登場:StrikerS第6話(名前・台詞は第24話)~
階級:准陸尉~
役職:捜査官/前線部隊分隊長~
魔法術式:近代ベルカ式・陸戦AAランク~

ルーテシアの母。身長160cm。管理局所属時はゼストの部下でクイントとは同僚だった。~
戦闘機人プラントへの突入捜査の際に、ゼストとともにスカリエッティに確保された。~
その身体は人造魔導師素体としての適合度が高かったため、スカリエッティのアジトにあるXI(ローマ数字の11)番の生体ポッドに入れられ保管されていた。~
死んだと思われていたが、実際はまだ完全には死んでおらず、第26話のエピローグで意識を取り戻し、長く続いた意識不明の間に衰えた足腰のリハビリをしつつ、ルーテシアと共に暮らしている。~
使用デバイスはブーストデバイス「アスクレピオス」。(メガミマガジン08年1月号の都築氏の原案イラスト集により発覚)~
名前の由来は、おそらくルノー(フランスの自動車メーカー)の「[[メガーヌ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%8C]]」。~
*時空管理局本局 [#gb4119df]
** クロノ・ハラオウン [#r55ef381]
Chrono Harlaown~
CV:[[杉田智和>CV:杉田智和]]~
シリーズ初登場:1期第7話~
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|LEFT:''登場話数''|
|本編|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|
|~|×|×|×|×|×|×|×|×|×|×|○|△|○|○|×|×|
|~|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|SS|01|02|03|04||
|~|×|○|×|○|○|×|×|×|△|○|~|×|○|×|○||
|漫画|Ep1|Ep2|Ep3|Ep4|Ep5|Ep6|Ep7|Ep8|Ep9|Ep10|Ep11|Ep12|Ep13|Ep14|||
|~|○|○|○|×|△|×|×|×|×|×|×|×|×|×|||
出身:ミッドチルダ首都クラナガン近郊~
所属:時空管理局本局・次元航行部隊~
階級:執務官・提督~
役職:XV級艦船「クラウディア」艦長(以前はL級艦船「アースラ」艦長)~

StrikerS本編では25歳。執務官時代の補佐役であり、士官学校時代からの友人だったエイミィ・リミエッタと結婚し、2児の父となる。現在は母リンディと妻エイミィ、2人の子供を海鳴市に残し、XV級艦船「クラウディア」の艦長として、言わば単身赴任中。甘いものが苦手。~
機動六課の後見人の一人であり、監査役でもある。~
//そのため第3話からたびたび名前は登場していたが、上記のように実際の登場は第11話からであった。~
いまだに魔導師として第一線級の実力を保持しているが、指揮官として艦長就任以後は前線に出ることはほとんど無くなった。~
カリムと並び、はやての魔力制限を解除できる権限を保有し、第11話で3ランクの部分的な解除ではあるが行使している。~
機動六課で通信士(後に臨時指揮所「アースラ」航行士)を勤めるルキノの元上司でもある。~

漫画版開始時点では、時空管理局提督で、かつて母リンディが艦長をしていた艦船「アースラ」の艦長を勤めていた。~
その時点で既にエイミィとは婚約しており、ものの弾みでそのことがユーノにばれてしまい(この時点ではまだ秘密にしていた)、かなり動揺していた。なお、婚約までの経緯に関してはユーノとの「クロノもやっと決心したんだね」「まあ色々とな」という短いやり取りのみ。~

親友のヴェロッサ曰く「みんな(なのは、フェイト、はやて)のいいお兄ちゃん」。~
生真面目で厳格ながら無意識に世話焼きなところは相変わらずらしく、本編中でも「本局つきの提督」という地上本部に対して難しい地位につきながら、妹分達につい世話を焼いてしまうところをヴェロッサに苦笑されていた。~
A'sエピローグのように、いまだにバリアジャケット姿でいることの方が多いらしく、友人たちやエイミィからすると提督服を着たクロノはかなり新鮮に映るようだ。そのバリアジャケット姿は実際に第14話のクラウディア艦橋内で登場している。~

A'sSS02ではフェイトに「おにいちゃん」と呼ばれて激しく照れて動揺していたが、それから10年たった今でも、当時ほどではないにしろ「おにいちゃん」と呼ばれると照れていた。~

第21話では「聖王のゆりかご」の調査結果を六課や次元航行部隊の各艦に送信するなどバックアップを務め、第26話ではクラウディアほか数隻の艦船の集中砲火により「聖王のゆりかご」の破壊を担当した。~

半分メタ的な位置づけになるが、時系列的にStrikerSとViVidとの間にあたる劇場版 1st のキャラクターコメンタリー中では、クラウディア配属時代のティアナを模擬戦で縛りまくってトラウマを植えつけていたり、なのはにもクロノの射程内では戦いたくないと思われていることが当人たちの口から語られた。A's時に特徴として設定されたバインド使いとしての技量の高さがより一層強調されている。~
コメンタリーであるため公式時系列中に堂々と入れることはできないが、設定としては一線級の実力者設定はまだ生きているようである。~


→クロノ・ハラオウン[[(1期)>登場人物(1期)#c89423de]] [[(A's)>登場人物(A's)#c89423de]]
** ヴェロッサ・アコース [#j13fe50b]
Verossa Acous~
CV:[[小野大輔>CV:小野大輔]]~
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|LEFT:''登場話数''|
|本編|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|
|~|×|×|×|×|×|×|○|○|×|×|×|×|×|○|△|×|
|~|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|SS|01|02|03|04||
|~|×|○|○|△|△|×|×|○|○|○|~|×|○|○|○||
|漫画|Ep1|Ep2|Ep3|Ep4|Ep5|Ep6|Ep7|Ep8|Ep9|Ep10|Ep11|Ep12|Ep13|Ep14|||
|~|×|×|○|×|×|×|○|×|×|×|×|×|×|×|||
出身:ミッドチルダ極北地区ベルカ自治領~
所属:時空管理局 本局査察部~
役職:査察官~
魔法術式:古代ベルカ式~

幼いころに教会に保護され、カリムの義弟となる。クロノ、はやてとは旧知の仲。~
クロノが言うには局内でも相当のやり手の査察官であるようだ。ただし、勤務態度に遅刻やサボリなど若干の問題があるとの事(StrikerS SS02)。~
このサボり癖などはカリムやシャッハに散々注意されているが、全く治っていない。その為今もシャッハに怒られる事があり、シャッハを少々苦手としている模様。~
幼い頃にグラシア家によって教会に引き取られた孤児であるらしい。「グラシア家に拾われたことで家名や能力を捨てずにすんだ」とは本人の弁(StrikerS SS02)。~

クロノと非常に仲が良く、互いに信頼で結ばれた友人。またはやてを妹分として可愛がっており、はやてからは愛称「ロッサ」で呼ばれている。はやてとの関係は「従兄妹くらい」という表現が互いに一番しっくりくるらしい(StrikerS SS02ブックレット)。~
カリムともども、いまいち自分の身を省みないはやてを心配し、はやてから紹介されたティアナに、仕事上の関係に留まらず「友人として」はやてと仲良くするよう、密かに依頼したりしている。(第14話)~

管理局内の縄張り争いのために動きが取りづらいクロノに代わって色々とはやて達のサポートに回っており、第18話ではクロノとはやての頼みでアースラを機動六課の臨時隊舎とする手はずを整えた。~
SS03時点ではクロノとカリムの依頼により正式に事件調査を進める立場となっていて、シャッハと行動をともにしている。~
空中からケーキの箱を取り出して見せたりと、器用な一面も(第14話)。このケーキは趣味で作った自作のもので、他にもユーノに自作のマドレーヌを差し入れる(StrikerS SS03)という事もあり、菓子作りにも才がある模様。~
StrikerS漫画版Epsode-3ではなのは達へ料理の差し入れを行っており、おそらくこちらも自作の物と思われる。~
また、はやて・カリムと同様、古代ベルカ式のレアスキル「[[無限の猟犬(ウンエントリヒ・ヤークト)>魔法/StrikerS#k196f5fd]]」を所有している。
第19話ではそれを使ってスカリエッティ達のアジトの場所を発見した。
そして第24話でウーノを捕らえ、もう一つの稀少技能「思考捜査」により情報を引き出した。~
事件解決後は本局査察官として気楽な仕事に復帰。~
職務上クロノと行動を共にする機会も増え、クラウディアの一員として乗務員達とも馴染んでいる。~

名前の由来は、おそらくトヨタ(日本の自動車メーカー)の高級セダンである「[[ヴェロッサ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B5]]」。~

** ユーノ・スクライア [#odbf1fb7]
Yuuno Scrya~
CV:[[水橋かおり>CV:水橋かおり]]~
シリーズ初登場:1期第1話~
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|LEFT:''登場話数''|
|本編|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|
|~|×|×|×|×|×|×|○|○|×|×|×|×|×|×|×|×|
|~|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|SS|01|02|03|04||
|~|×|×|×|×|○|×|×|×|×|△|~|×|×|○|×||
|漫画|Ep1|Ep2|Ep3|Ep4|Ep5|Ep6|Ep7|Ep8|Ep9|Ep10|Ep11|Ep12|Ep13|Ep14|||
|~|○|×|○|×|×|×|×|×|×|×|×|×|×|△|||
出身:ミッドチルダ南部~
所属:時空管理局本局 無限書庫/ミッドチルダ考古学士会~
役職:巨大データベース「無限書庫」司書長~
魔法術式:ミッドチルダ式・総合Aランク~

闇の書事件の後、無限書庫の司書となり、15歳時には時空管理局無限書庫司書長となっている。19歳。身長168cm。~
なのはのことは、あくまで「恩人」であり、「大事な幼馴染」であると言っている。~
ただ、エイミィやフェイトなど周りから見るとどうにもそうは見えないようだ。~
エイミィ曰く「2人とも仕事好きだしそういうの(恋愛・結婚)当分先かな」と、なのはとユーノ当人が無自覚なだけだと感じている。~
ユーノ自身はなのはの墜落事件の影響か恋愛に消極的な面も感じられる。(StS漫画版より)~
無限書庫の整理・探索、情報整理作業に日々を費やし、現在は魔導師としての活動は行っていない。~
//ライトトレカN003より
持ち前の検索魔法や現場の指揮能力を用い、無限書庫を実動可能なレベルまでに築き上げた。その為、周囲からの評価は高い。~
ミッドチルダ考古学会の優秀な学士としても名が広く知られており、オークションの品物紹介・鑑定などを任されるようになっていた。(第7話)~
なのはとは今まで通り、とても仲が良く、お互いに深い理解を持って接している。~
お互いに連絡を取り合ったり、都合が合えばたびたび会ったりしており、親密な関係を築いているようだ。~
クロノとヴェロッサからの依頼で、預言に関する調査を進めていた。(StrikerS SS03)~
第21話では「聖王のゆりかご」について無限書庫での調査結果をクロノに報告し、ゆりかごの停止に一役買った。~

第26話のエピローグでは、なのはとアルフと一緒に、魔法学院に通うヴィヴィオの様子を見ていた。~
クロノやヴェロッサらにより、JS事件において無限書庫からの迅速なデータ提示が事件解決に役立ったことが進言され、無限書庫への若干の人員強化が行われた。~
結果として増えた仕事に軽い愚痴をこぼしつつも、司書長としては満更でもない様子である。~
無限書庫が仕事上がりのなのはと、お迎えに来るヴィヴィオの待ち合わせ場所になることも多く、ヴィヴィオが読書好きになりつつある事から、ヴィヴィオによく懐かれているとのこと(クロニクル)。~
→ユーノ・スクライア[[(1期)>登場人物(1期)#tf10a0c4]] [[(A's)>登場人物(A's)#tf10a0c4]]

** マリエル・アテンザ [#k4497463]
Mariel Atenza~
CV:[[阪田佳代>CV:阪田佳代]]~
シリーズ初登場:A's第3話~
初登場:StrikerS漫画版Episode3/StrikerS第14話~
所属:本局第四技術部→機動六課(出向)~
役職:精密技術官/第四技術部主任~
所有資格:メカニックマイスター~

愛称は「マリー」。26歳。身長約150cm。13年の職歴を持ち、10年前は管理局技術部にてデバイスの整備などを担当していた技術官で、レイジングハート・エクセリオンとバルディッシュ・アサルトにカートリッジシステムを組み込んで、現在のシュベルトクロイツを製作したのがこの人。リインフォースIIの製作にも協力している。~
StrikerS漫画版Episode-3で、レリックの検査担当のチームリーダーとして名前だけ登場した。このときは「マリエル」とのみ記述されていた。~
//ファンの間でもA'sで登場した「マリー」と果たして同一人物なのか、ごく小規模ながら議論が交わされていた。~

フェイトを介して数年前にシャリオとも知り合っており、メカニック同士意気投合。今では両者曰く「プチ師弟関係」と言うほどに仲が良い。~
本編第14話では、陸士108部隊でのナンバーズの解析シーンにて登場。ナンバーズを戦闘機人と判断した。
ナカジマ姉妹の戦闘機人としての「定期検診」も担当しており、ギンガの出向と時を同じくして機動六課に加わることになる。
また、この時の会話から以前からナカジマ一家と交流があることが仄めかされ、第23話にて、スバル、ギンガの幼い頃から肉体のメンテナンスを担当し、二人の母クイントとも知り合いであることが判明した。~
なお、容姿は10年前とあまり変わりなく、眼鏡もその頃のままだった。~
ヴィヴィオを見て「ああ、二人(なのは&フェイト)の子供かぁ・・・ええええええ!?」と言ったりするお茶目さんでもある。~
リインフォースIIが初代リインフォースの夢を見ると言った際に、オカルトについては否定気味である反応を見せた。(StrikerS SS03)~
StrikerS SS04で、緑茶にミルクと砂糖を入れて飲む嗜好の持主であることが判明。教えたのは、当然ながらリンディである。~

事件後には戦闘機人に関する知識・技術を買われ、スカリエッティの残した技術について保管・研究を行っている。また、更正組ナンバーズ達の健康診断も担当することになる。~

名前の由来はマツダ(日本の自動車メーカ)の乗用車「[[アテンザ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B6]]」と思われる。

→マリー[[(A's)>登場人物(A's)#pa2949ea]]

** レオーネ・フィルス [#n669a4fc]
初登場:StrikerS第10話~
役職:法務顧問相談役~
時空管理局黎明期の功労者として伝説になっている三人のひとり。~
以下の2人と合わせて「伝説の三提督」と呼ばれるが、ヴィータに言わせれば「普通の老人会」。~
非公式ながら機動六課への協力を申し出ている。~
ゆりかご出現によって混乱していた管理局上層部をとりまとめていた模様。~
名前の由来は、おそらく富士重工業の「[[レオーネ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8D]]」。

** ラルゴ・キール [#dbf9c048]
初登場:StrikerS第10話~
役職:武装隊栄誉元帥~
時空管理局黎明期の功労者として伝説になっている三人のひとり。~
非公式ながら機動六課への協力を申し出ている。~
第21話ではミッドチルダへ急行する次元航行部隊の艦船のブリッジにて、モニターに映ったゆりかごを見つめていた。~
名前の由来は、おそらく日産自動車の「[[ラルゴ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%B4]]」。~

** ミゼット・クローベル [#edd0b92e]
CV:[[清水香里>CV:清水香里]]~
初登場:StrikerS第10話~
役職:本局統幕議長~
時空管理局黎明期の功労者として伝説になっている三人のひとり。~
かつて護衛任務を受け持ったことがある、はやてやヴィータたちがお気に入りらしい。~
非公式ながら機動六課への協力を申し出ている。~
かつては強力な魔導師であった。~
//↑トレカR14より
レジアスの事を昔から知っている様子で、レジアスのことを「レジー坊や」と言う場面も。~
名前の由来は、おそらくダイハツ自動車の「[[ミゼット:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88]]」。~

** リンディ・ハラオウン [#m47801be]
CV:[[久川綾>CV:久川綾]]~
シリーズ初登場:1期第7話~
初登場:StrikerS漫画版Episode-3/StrikerS第12話/StrikerS SS02~
アースラを降り、時空管理局本局の内勤職員。
現在は、総務統括官。六課後見人の一人。~
現在は海鳴市のハラオウン家にてアルフと共に、単身赴任状態のクロノに代わって、エイミィを手伝って2人の孫の世話をしている模様。~
第12〜13話では、機動六課の後見人として名前だけ登場。~
第16話で突然、フェイトに通信で連絡してくる。ヴィヴィオのことは既に知っているようで、会いたがっていた。~
第21話では本局の各部署の動き・様子をクロノに教えていた。~
→リンディ・ハラオウン[[(1期)>登場人物(1期)#e15a3f47]] [[(A's)>登場人物(A's)#e15a3f47]]

** レティ・ロウラン [#d3e53b76]
シリーズ初登場:A's漫画版Prologue~
初登場:StrikerS漫画版Episode-14~
時空管理局人事部所属の提督。グリフィスの母親で、リンディの友人。六課の後ろ盾の一人でもある。(第3話)~
執務官補佐の考査に満点合格したティアナについて感想を漏らしていた。~
StrikerS本編での登場はないが、第3話でのシャマルからの後見人リスト中、また第21話でのクロノとリンディの会話の中で、名前が出た。~
→レティ・ロウラン[[(A's)>登場人物(A's)#a847b9cd]]

*聖王教会 [#k2479ba2]
** カリム・グラシア [#mf924479]
Carim Gracia~
CV:[[高森奈緒>CV:高森奈緒]]~
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|LEFT:''登場話数''|
|本編|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|
|~|×|×|×|○|×|×|×|×|×|×|○|△|○|○|×|○|
|~|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|SS|01|02|03|04||
|~|○|○|△|○|×|×|×|×|×|○|~|○|○|×|○||
|漫画|Ep1|Ep2|Ep3|Ep4|Ep5|Ep6|Ep7|Ep8|Ep9|Ep10|Ep11|Ep12|Ep13|Ep14|||
|~|×|○|△|×|×|×|○|×|×|×|×|△|×|×|||
出身:ミッドチルダ極北地区ベルカ自治領~
所属:聖王教会 教会騎士団/時空管理局~
階級:少将~
役職:聖王教会 教会騎士団 騎士/時空管理局理事官~
魔法術式:古代ベルカ式~

クロノやはやての友人。ヴェロッサの義姉。管理局にも名目上籍を置いている。~
また、古代ベルカ式のレアスキル「[[預言者の著書(プロフェーティン・シュリフテン)>魔法/StrikerS#ef2c9c6b]]」を所有。~
漫画版導入部の“レリック”の回収は彼女がクロノに依頼した。
教会から出ることはほとんどない。~
機動六課設立に尽力し、現在も機動六課最大の後ろ盾であり、はやて直属の上司である。~
はやてにかけられた魔力制限を解除できる権限を持つ二人のうち一人(もう一人はクロノ)。~
彼女のレアスキルによる預言が機動六課設立の理由となっている。~
なお、なのはとフェイトがカリムに直接会ったのは、第13話の会見が初めてだった。~
第20話において隊長・副隊長のリミッターを全解除した。~

事件解決後は年に一度生成される預言書と相対しつつ、教会騎士としての職務をこなしている。~
JS事件の結果からこのような事態を未然に防ぐため、本局での預言の研究・解析スタッフは増員され、その協力もしている。~
また、ヴィヴィオの通う魔法学院を紹介したのは彼女である。~
更に、ナンバーズ更正組のうちオットーとディードの保護者にもなっている(DVD全巻購入特典カード)。~

名前の由来は、おそらくトヨタ(日本の自動車メーカー)の中級セダンである「[[カムリ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%AA]]・グラシア」。

** シャッハ・ヌエラ [#q2556892]
Schach Nouera~
CV:[[阪田佳代>CV:阪田佳代]]~
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|LEFT:''登場話数''|
|本編|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|
|~|×|×|×|○|×|×|×|×|×|×|△|○|○|×|×|×|
|~|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|SS|01|02|03|04||
|~|○|×|○|○|○|○|×|○|○|○|~|○|○|○|○||
|漫画|Ep1|Ep2|Ep3|Ep4|Ep5|Ep6|Ep7|Ep8|Ep9|Ep10|Ep11|Ep12|Ep13|Ep14|||
|~|×|○|×|×|×|×|×|×|×|×|×|○|×|×|||
出身:ミッドチルダ極北地区ベルカ自治領~
所属:聖王教会~
役職:修道女~
魔法術式:近代ベルカ式・陸戦AAAランク
//DVD5巻の魔法辞典では陸戦AAとなっているが多分誤植、公式ページなどでAAAと言われている回数のほうが多いので
~

聖王教会所属のシスター。教会から出ることのないカリムの補佐的存在で秘書。~
StrikerS SS02では、幼少時からカリムとヴェロッサも護衛も兼ねていると言われ、ヴェロッサの教育係も務めていた。そのためか今でもヴェロッサはシャッハに対して頭が上がらない様子で、サボり癖が治らないヴェロッサを叱ったときに腕まくりをしてやる気満々だった。なお、教育方針は「武闘派」。~
カリム同様、八神家とは旧知の間柄で、特にシグナムとは互いに力量を認め、磨きあう剣友。通常は敬称として「シスター」を付けて、「シスター・シャッハ」と呼ばれている。~
基本的に温和で生真面目な性格だが、ヴェロッサに見せる態度やシグナムと気が合うことからも分かる通り、意外と苛烈な一面を持つ。StrikerS漫画版Episode-2冒頭のカリムとのやり取りで、「非才の身ながら」と言いつつもレリック事件の危険な現場に自ら赴こうとするなど、実力にはある程度自信があるようだ。~

カリムが管理局にも所属している関係か、その補佐役であり護衛役である彼女は、公式の魔導師ランクとして近代ベルカ式の陸戦AAAランクを所有している。~
戦闘スタイルは高速なフットワークを駆使した近接戦闘型。その実力はシグナムに「模擬戦をやって楽しい相手」と言われるほどに互角に渡り合う(StrikerS SS02)。StrikerS漫画版Episode-12ではシグナムに請われ、機動六課の特別講習に教官として参加。模擬戦ではシグナムと組み、新人達(含むギンガ)を叩きのめした。~
なお、魔導師ランクの「陸戦」表記と、第20話ではヴェロッサに抱き抱えられて空中に居たことから、空戦適性は持たないか、低いものと思われる。~

移動系魔法に関する技能の練度が高く、瞬間的な距離移動を行う「跳躍系」に関しては専門家のそれをも凌ぐ精度を誇る。~
第12話ではシグナムを遠方の前線に送り届けたり(その際デバイスと騎士甲冑姿を初披露している)、13話では施療院の2階の廊下でヴィンデルシャフトを起動し数瞬で階下の庭にいたなのはの所に移動している。これはセインのIS「ディープダイバー」と同質の能力で、第24話で移動した際には壁などを透過している事がわかる。~
第19話ではヴェロッサと共にスカエリッティ・ラボの探索にあたり、文字通り山のような量のガジェットを粉砕してなお余裕を見せるなど、騎士としての実力を見せつける。そのままフェイト、ヴェロッサと共にラボの攻略に参加し、第21話ではIS「ディープダイバー」で迫るセインに襲撃されるが、セインの潜む床を粉砕することで無効化させて正面から対峙。第24話で「ディープダイバー」で逃走を図ったセインの先回りをして撃破、捕獲している。~

事件後はアギトに古代ベルカの歴史や礼儀作法を教えたり、セインに教会流の教育を施すなど教育者としての仕事をしている。ヴェロッサの教育役でもあった事からどうやら教育好きらしいという事が読み取れる。~
また、セインの保護者にもなっている(DVD全巻購入特典カード)。~

使用デバイスは双剣型のアームドデバイス「ヴィンデルシャフト」。~
この武装をシャッハは子供時代から愛用している。~
名前の由来は、おそらく光岡自動車(日本の自動車メーカー)のセダンである「[[ヌエラ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%B2%A1%E3%83%BB%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%A9]]」。
* Unknown [#d1166566]
** ジェイル・スカリエッティ [#i7dfbe05]
Jail Scaglietti~
CV:[[成田剣>CV:成田剣]]~
初登場:StrikerS第5話(ただし、第5話のエンディングのキャストでは「白衣の男」。名前が出たのは第6話以降。)~
公式罪状:XAX4-7 世界規模のテロリズム~
犯罪行為:世界規模のテロリズム・違法医学の実行 その他多数~
犯罪者ID:GG-W-85494-D765642137443-11~
判決:無期懲役(未決)
//DVD全巻購入特典カードより、crime codeのW-scaleはWorld-scaleで解釈してます

生命操作や生体改造、精密機械に通じた謎の多い科学者で、ロストロギア関連以外にも数多くの事件で広域指名手配されている次元犯罪者。~
アギト曰く「変態医師」。酷い言われようである。~
はやてによれば「違法研究者でなければ間違いなく歴史に残る天才」。~
通信映像や音声のデータは数多くあるものの逮捕歴は無い。これは後述の彼の本当のバックボーンに起因していると思われる。~
フェイトは何年か前から彼を捜査対象にしている。~
フェイトとエリオを見て「プロジェクトFの残滓」と呟いていた。第17話で、「プロジェクトFの基礎」を作ったのがスカリエッティであることが明らかにされた。そしてそれをプレシア・テスタロッサが受け継ぎ、完成させた。~
なお、スカリエッティ本人が完成させなかったのはプロジェクトの途中で人造魔導師計画と戦闘機人計画に研究が変化したことによる。~
//↑トレカSR13より

極めて傲岸不遜な自信家で、生命を平気で実験台にするなど一般的な倫理感は持ち合わせていない。~
ガジェットIII型の動力部にわざわざ自分の名入りのプレートを入れたり、地上本局襲撃直後にリアルタイム通信を入れて挑発するなど、自己顕示欲が旺盛な面があると思われる。~
一方で、自分が生み出したナンバーズを平等に寵愛しており、彼女達からも純粋に慕われていた(ただし、事件解決後はナンバーズの大半が更生したため、その改心した者達とは事実上決別する事になる)。

その正体は管理局最高評議会がアルハザードの技術を使って生み出した存在。開発コードネームは「アンリミテッドデザイア(無限の欲望)」。~
その名の示す通り探求欲は無限に等しく、最高評議会が自身の切り札として確保していたゆりかごを自分のものとして占有した。~
一期の時にプレシアがアルハザードの存在を確信していた理由はおそらく、プロジェクトFの基礎を組み上げたスカリエッティの正体を知った可能性があるためと思われる。~
生命操作技術の完成、そのための空間作りという夢は培養槽で生まれたときから抱いていたもの。その夢が刷り込まれたものである可能性に気付いているものの、特に気にしてはいない。~
その最終目的は自分の技術と自分が生み出した兵器の力を証明してそれを世界全体に認めさせる事とされ、そのため自分を縛っていた最高評議会およびレジアスを抹殺して完全に自由となり、さらにヴィヴィオを使って起動させたゆりかごを楯にして世界そのものを革命しようと目論んだ(本人は「不遇な技術者達の恨みの一撃」と嘯いていたが、それが反乱の本当の理由だったのかは不明で、なおかつその後の具体的な展望についても語られる事はなかった)。

瞳の色はスバル・ギンガの戦闘機人モード時やナンバーズ数人と同じ金色。
彼自身もデバイスを使用し戦闘に参加可能で、第22話でフェイトを拘束し、ザンバーの刀身を砕いた。拘束したフェイトに向かって光弾を放つ際には、デバイスの周囲に機人テンプレートに酷似した赤い光の紋様が発生している。~
彼が使用している魔法はミッドチルダ式・ベルカ式どちらでもない術式である。~
第24話でライオット・ザンバーで叩かれて壁に激突するも、致命傷を負った様子は無い。~

その後逮捕され、第9無人世界の「グリューエン」軌道拘置所第1監房に収容されている(DVD全巻購入特典カード)。当然の如く捜査類には一切協力していない。~

名前の由来は、おそらくフェラーリのクーペ「[[612スカリエッティ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA_612_%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3]]」。
** ナンバーズ [#df6b0d82]
→[[登場人物/StrikerS/ナンバーズ]]

** ルーテシア・アルピーノ [#fa1ce43f]
Lutecia Alpine~
CV:[[桑谷夏子>CV:桑谷夏子]]~
初登場:StrikerS第6話(名前が出たのは第7話)~
出身:ミッドチルダ北西(幼少時にスカリエッティ一味によって拉致・洗脳教育を受ける)~
//犯罪者カードには北西、クロニクルには南部という記載。ここでは後発のカードを優先する。
魔法術式:ベルカ式(独自システム) Sランク~
//クロニクルにて術式明記、ランクは犯罪者カードより
//犯罪者カード記載の術式に変更
~
公式罪状:XAX4-16 テロリズム幇助~
犯罪行為:テロリズム幇助・魔法法II-5違反・公務執行妨害~
犯罪者ID:EC-0-69852-F2499521445529-67~
判決:隔離処分8年、魔力封印処置-6ランク~
判決備考:隔離年数は再教育の状況による
//判決備考は超意訳。

ベルカ式ベースの召喚魔法を使う謎の少女。9歳。召喚対象の召喚獣は「虫」。感情は希薄だが、心を許す相手には子供らしい言動を取ることも。普段はゼスト、アギトと行動を共にし、ある目的のために刻印ナンバーXIのレリックを探している。不完全ではあるが人造魔導師であり、スカリエッティからはゼストと共に「レリックウェポンの実験体」と呼ばれている。~
ゼストとは違ってスカリエッティのことを嫌ってないが、その配下ではなく別行動をとっている。またナンバーズからは「お嬢様」と呼ばれている。~
ちなみにアギト・地雷王・白天王の名付け親でもある。~

確認されている召喚虫には無機物操作ができる小型の羽虫「[[インゼクト>登場人物/StrikerS#p8e0097e]]」、人間サイズで二足歩行ができる「[[ガリュー>登場人物/StrikerS#o5eec71b]]」、大型の甲虫「[[地雷王>登場人物/StrikerS#d12b82f3]]」、究極召喚「[[白天王>登場人物/StrikerS#q9bf510e]]」がいる。~

実は局員時代のゼストの部下にして、スバル、ギンガの母・クイントの同僚でもある[[メガーヌ・アルピーノ>登場人物/StrikerS#sea05585]]の娘。ゼストの部隊が特秘事項の捜査に失敗して全滅し、人造魔導師の素体として優れていた母メガーヌが確保された際、娘であり同様の資質を持つルーテシアも捕われ、スカエリッティによる「処置」を施された。その後はゼストの庇護の元、生体ポッドの中で眠りつづける「母」を復活させる為に必要な物として「刻印ナンバーXIのレリック」を捜し求める。また、母が復活した時、自分の中に「心」が生まれると信じていた。~
レリックウェポンとして想定されたほどの戦闘力は持ち合わせなかったが、常人を凌駕する魔力と特異技能を獲得し、生体維持活動に支障がないことから完成形の1タイプとして認識されていた。~
SS02で、ガジェットと戦うフェイトとエリオ・キャロの姿を見せられ、エリオとキャロに対抗意識を持ち始める。~

母を想う故か戦闘では無慈悲な面を見せることもあるが、本来は優しい性格。それゆえに事前にルーテシア自身の外部操作ができるよう改造されていた。第22話でエリオ、キャロの呼びかけに心が揺らいだ際にクアットロから操作を受け、負の感情のままに我を失い戦い続けた。戦いに敗れた後、制御を失った召喚虫の暴走からエリオとキャロによって救出される。~

事件解決後は管理局の監視下に入り、ナンバーズと同様の更正プログラムを受けていた。その間にエリオやキャロが頻繁に彼女の元を訪ねており、交流を重ねている。(StrikerS SS04)~
第26話エピローグで、魔力を大幅封印した上で管理局の保護観察の下、第34無人世界の「マークラン」第1区画の静かで自然豊かな草原の中で、意識を取り戻したメガーヌと共に平穏に暮らしている。また、そんな姿をガリューが見守っていた。なお、エリオ、キャロとの友人関係は継続中らしく、インゼクトを使役して二人の元に花を届けている。~
//地名は犯罪者カードより

使用デバイスはグローブ型ブーストデバイスの「[[アスクレピオス>デバイス/StrikerS/ブーストデバイス#zcde10d8]]」。~

名前の由来は、おそらくルノー(フランスの自動車メーカー)の「[[ルーテシア:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%B7%E3%82%A2]]」とルノーのモータースポーツ部門だった「[[アルピーヌ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%8C]]」。
//第22話の終盤から第24話までルーテシアの台詞が全てカタカナになる。

** ゼスト・グランガイツ [#oe70fff4]
Zest Grangeitz~
CV:[[相沢正輝>CV:相沢正輝]]~
初登場:StrikerS第6話~
出身:ミッドチルダ極北地区ベルカ自治領~
魔法術式:古代ベルカ式・S+ランク(生前)~
//クロニクルで明記
~
公式罪状:UGX1-8 公共施設の破壊~
犯罪行為:公共施設破壊・傷害致死・公務執行妨害~
犯罪者ID:AG-X-99631-R963264475523-31~

ルーテシアと行動をともにする大柄な男。スカリエッティは「騎士ゼスト」と呼ぶ。また、ルーテシアと同様に「レリックウェポンの実験体」と呼ばれている。~
スカリエッティのことを警戒しており、「レリックが絡まぬ限り、互いに不可侵を守る」という協定を結んでいる。~
寡黙だが、強い意思と深い優しさ、そして騎士としての誇りを兼ね備えた男。レジアスとは因縁があり、ある目的の為に彼の身を狙う。~

実は彼は、かつて時空管理局・首都防衛隊に所属するストライカー級の魔導師であり、スバル、ギンガの母クイントと、ルーテシアの母メガーヌは彼の部下であった。また、レジアスとは互いに理想について語り合った親友の間柄で、「彼の正義になら殉じても構わない」と言えたほどの間柄だった。~
ある時(本編から8年前)、「秘匿命令」によって戦闘機人事件を追っていた彼は、彼を本件から外したいレジアスに圧力をかけられたことで逆に捜査を急ぎ、機人プラントと目される「施設」の調査に向かう。そこで戦闘機人と、後に「ガジェット」と呼ばれる機械兵器の大群による襲撃を受け、激戦の末に彼の部隊は全滅。クイントを含む多くの部下が死亡し、メガーヌも捕獲されてしまう。~
彼自身も部下をかばって負傷し、ナンバーズ・チンクとの戦いで死亡するが、人造魔導師素体としての適性が認められたことでスカリエッティが人造魔導師として「復活」させる。しかし能力発揮は正常に成されず生命維持にも重要な問題が発生したため、最高評議会からは「失敗作」と評された。戦闘機人事件の追跡情報とルーテシアの安全を引き換えに不本意ながら最高評議会の命令を聞いていたが、最高評議会としてはレジアスに対する「首輪」としての利用価値を考えていたらしく、レジアスは彼が生きていることを知らされていなかった。~
彼とレジアスの因縁は、権力を握るにつれて次第に歪んでいったレジアスへの疑念から始まり、今一度レジアスに本心を問いただし、もし誤った道に進んでおり、可能であればその道を正すことを目的としている。

公開意見陳述会の襲撃時は、リインフォースIIとユニゾンしたヴィータに対抗するためにアギトとユニゾンし、髪や甲冑が金色に変化した。アギトとの相性はあまりよくなく、ユニゾンの練度もヴィータ組と比べ劣っていたが、デバイスのフルドライブモードを使用してヴィータのグラーフアイゼン・ギガントフォルムを半壊させ、ユニゾンしていたリインフォースIIを戦闘不能に追い込む実力を見せる。~
しかし彼の不安定な肉体にとってフルドライブの負荷は大きく、戦闘後は反動で吐血し、アギトにも大変な心配をかけていた。本人は「一度は死に、再び土に還るまでの僅かな時間を生きているだけの、ただの死者」と言っている。~
ゆりかご起動時には、混乱を突いてアギトとともに単独で地上本部に向かい、リインフォースIIとユニゾンしたシグナムと対峙。アギトとユニゾンし、戦闘の末レヴァンティンの鞘を叩き折る一撃でシグナムを吹き飛ばす。その隙に地上本部へ向かい、ついにレジアスと対峙。かつての親友に「部下たちの死の意味」を問いただすが、何かを語る直前にレジアスはドゥーエに殺害されてしまう。激昂した彼はドゥーエを撃破する。~
その後、追いついたシグナムに「ルーテシアとアギトの安全確保」を約束された事で、彼の目的は完了。最後に限界を向かえつつある肉体で、騎士としての矜持の元シグナムと対峙。死闘の末に撃破され、知りうる限りの「戦闘機人事件」のデータの入ったデバイスとアギトをシグナムに引渡し、息を引き取った。~

なお、これがシリーズ話中二人目の死者であり、また、ヒロイン(のひとり)によって直接的に手を下され生命を奪われてしまった「人間」という意味では、「リリカルなのは」シリーズ初のケースとなる。~

デバイスは存命時から使用している名無しの槍型アームドデバイス。ただしEDテロップでは「ゼストの槍」と表記される。~
名前の由来は、おそらくホンダ(日本の自動車メーカー)の軽自動車「[[ゼスト:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%82%B9%E3%83%88]]」。

** アギト [#v002133a]
AGITO~
CV:[[亀岡真美>CV:亀岡真美]]~
初登場:StrikerS第11話(名前紹介は第7話)~
魔法術式:古代ベルカ式・空戦A+ランク~
~
公式罪状:ACX6-23 魔法法II-5違反~
犯罪行為:魔法法II-5違反・公務執行妨害~
犯罪者ID:EC-O-69852-F2499521445529-68~
判決:隔離処分5ヶ月(執行猶予8ヶ月)、魔力封印処置-3.5ランク

所属(エピローグ後):ミッドチルダ首都航空隊第14部隊~
階級(エピローグ後):三等陸士~
役職(エピローグ後):空尉補佐~
局員ID(エピローグ後):XTF062490-0566349372~

ルーテシア、ゼストと行動をともにする人格型デバイス。「リインフォースIIと同じ程度の大きさ(約30cm)の妖精か悪魔といった風貌をしている。勝気な性格で、「烈火の剣精」の二つ名を自称する。魔力変換資質「炎熱」を保有。~
ルーテシアのことを「ルールー」と呼んであれこれと世話を焼き、ゼストのことを「旦那」と呼んで強く慕っている。なお、ユニゾンデバイスと騎士という関係上、戦闘では主にゼストと行動を共にしている(第16〜17話、第21〜24話)。~
基本的にルーテシア、ゼスト以外には敵意を剥き出しにしており、スカエリッティやナンバーズのことも嫌っている。しかし第12話にて敵対するヴィータ一行の事を案じる一面もあり、根は優しい性格。ゼストが倒れた際には薬湯を作って看病をして回るなど、献身的な面もある。~

ゼスト曰く「レプリカではない」本物の古代ベルカ式融合騎(ユニゾンデバイス)。本編の2年前、とある研究組織で非合法の実験体として扱われていたところ、レリックを求めて施設を襲撃したルーテシアとゼストによって救出された。以後二人の同行者となっている。朝に弱いルーテシアを起こすのは彼女の仕事。~
なお、「烈火の剣精」の名はルーテシア達に保護される前に囚われていた研究所で「識別コード」として用いられていたものでもある。~
研究所に囚われる前の記憶の殆どを失っており、自分の名前やマイスター(自分を生んだ創造者)の記憶を持たず、ロード(正式な融合相手)もいない。そのため、ロード(この場合は一緒にいたヴィータ)と共にいたリインフォースIIのことを「バッテンチビ」などと呼びながら半ば嫉妬気味な様子である。おそらくバッテンとはリインの髪飾りのこと。~
第22話でシグナム(レヴァンティン)を見た時になにやら気にする素振りがあった。ゼスト曰く「魔力光も似ているし同じ炎熱系、あの騎士(シグナム)とお前は相性が良いかもしれん」と語り、また25話でシグナムとユニゾンした際は涙を流すなど、シグナムとの関連性が仄めかされているが詳細は不明。~

リインフォースII同様単身での魔法行使も可能。「烈火の剣精」と称するとおり、花火や火球等の火炎系魔法を主に使う。~
第16話では、ゼストと融合した。ただし第17話のヴィータとリインフォースIIの分析によれば、相性はあまりよくない模様である。~
ゆりかご起動後はゼストに付いて本部に向かい、リインとユニゾンしたシグナムを退ける。第25話ではゼストの最期を看取り、その遺志を守ってシグナムに同行する。続く第26話でシグナムとユニゾンし、ゆりかごから放たれたガジェットの大群を一掃。相性の良さを見せる。~

事件終了後は、自発的にルーテシアに付いて隔離施設に赴き、「これから」について考えを巡らせる。その間シグナムを始め八神家とは何度か交流が図られている(StrikerS SS04)。~
六課解散時には無事に「八神家」の一員となり、エピローグでは陸士部隊の制服を着て新しい「ロード」であるシグナムと共に行動していた。~
リインフォースIIに嫉妬気味であるのは変わらない様子で、彼女をからかって軽い喧嘩になっていた。~
陸士部隊ではシグナムの副官扱いである。~
ヴィータを姉御と呼び、シグナムやシャマル、ザフィーラ、リインフォースIIを呼び捨てで呼ぶが、ロードであるシグナムが敬称を使う対象であるはやてをどう呼ぶか決めかね、現状役職で呼んでいる。(SSM3)~
なお、正式な保護者はシグナムではなく、はやてである(DVD全巻購入特典カード)。~

** ガリュー [#o5eec71b]
Garyu~
初登場:StrikerS第7話~
ルーテシアの召喚虫。ルーテシアはガリューに全幅の信頼を置いており、ガリューが損傷を受けると早々に撤退させるほど。ガリューの方もルーテシアを守るためなら傷つくことを厭わず、深い絆で結ばれている模様。~
大きさは人間サイズで二足歩行をする無骨な格好の虫である。言葉を発することはないが、ルーテシアの声に頷いたり、エリオの声に反応を見せるなど人間の言葉や感情を理解できる程の知能を有する。~

戦闘においては肉体を駆使しての格闘戦が多く、並の攻撃は当てることもできないほど素早い。~
皮下組織や骨格を変形させて発生させる武装をいくつも体に内包しており、状況に応じて解放している。~
その中でも腕部を変形させた武装の使用頻度は高い。~
魔力の運用も可能で、環境迷彩や、衝撃弾の生成・発射などのいくつかの生体機能を持つ。また、主の制御を離れての自律行動も可能。~

第7話では、ルーテシアの指示でオークション会場の裏から密輸品を取りに行った。~
第11話では、レリックのケースを奪うために新人たちと交戦。また、ティアナの攻撃からルーテシアを護る行動を取っている。~
ゆりかご起動後の決戦では、クアットロの支配を受けて暴走するルーテシアの強烈な願いと悲しみにより武装のほぼ全て解放、その願いが主のためにならないと理解しつつも叶えるためににエリオと戦うが敗北。のち、ルーテシアの制御を離れて暴走する召喚虫をエリオと協力して食い止める。~
事件後は、無人世界で母と共に静かに暮らすルーテシアを見守っている。~

名前の由来は、おそらく光岡自動車の「[[ガリュー(我流):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%B2%A1%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC]]」。~
掲載整理の都合上、ここに分類する。

**インゼクト [#p8e0097e]
Insekt~
初登場:StrikerS第7話~
ルーテシアの小型召喚虫。大量に存在する。~
哨戒・探索を行うほかに単体での攻撃能力も有し、無機物の操作系を奪取することも可能。~
ルーテシアの命令に忠実に従い、群体として正確に指定された行動をする。~
第22話、第24話では射撃魔法のように使用された。~
第26話ではエリオとキャロにルーテシアからの花を届けていた。~
掲載整理の都合上、ここに分類する。

** 地雷王 [#d12b82f3]
初登場:StrikerS第12話~
//漢字表記は公式ホームページ「Story」の第12話の文章から。~
ルーテシアの召喚虫で、無人世界の山岳地帯に生息する巨大甲虫。~
生体電流によって放電し、魔力を使用して振動を起こし、局地的な地震を発生させる生体能力を保有する。~
なお、「地雷王」という名称はルーテシアの命名である。~
アギトが攻撃前に、まだ地下にいるヴィータ達のことを「潰れて死んじゃうかもなんだぞ?」と心配するほどの威力を持っている。~
実際に地下では下水道が崩落しかかっており、攻撃後アギトの「やっちまった……」という台詞と、響いた轟音から最終的に崩壊した模様。~
第19話以降では複数召喚されており、大地を割って「聖王のゆりかご」離脱を助けていた。~
自律行動は不可能な様子で、ルーテシアの制御をクアットロに握られていた時には主であるルーテシアごとエリオとキャロを吹き飛ばそうとしていた。~
掲載整理の都合上、ここに分類する。

**白天王 [#q9bf510e]
//白天王ソース:メガマガ07年11月号人物相関図
初登場:StrikerS第24話(名前はStrikerS SS02)~
ルーテシアの「究極召喚」。六課の前線メンバーで対抗出来るのは、キャロのヴォルテールのみ。~
管理外世界における第一種稀少個体。(「第一種」指定は同種の個体や繁殖形態が確認できず、人工生命ではない生命体を指す)~
硬質な外骨格、それを支える筋肉、半透明の膜状羽は昆虫を思わせるが、人型に近い体やある程度以上の知能を有する様子などからその正体は不明。~
ヴォルテールとほぼ同じサイズで二足歩行が可能という威容を誇る。~
巨体を生かした格闘戦や、腹部の水晶体からの魔力砲を武器として使用する。~
なお、白天王という名前はルーテシアの命名によるものである。~
掲載整理の都合上、ここに分類する。

*その他(一般) [#waa4e28f]

** アルフ [#z8823ccc]
Alf~
CV:[[桑谷夏子>CV:桑谷夏子]]~
シリーズ初登場:1期第4話~
初登場:StrikerS漫画版Episode-3/StrikerS SS01/StrikerS第10話~
フェイトの使い魔。~
4年前(A'sエピローグの年)から前線に出なくなった。
A'sで子犬フォームを身に着けていたが、漫画版時点で魔力供給源であるフェイトの負担軽減のため、人型でいるときも子供の姿が定着している。
現在ではハラオウン宅(海鳴市)の家事や育児の手伝いをしているらしい。(StrikerS SSM)~
本人曰く「フェイトの帰る場所を守ることにした」とのこと。~
エリオとキャロの悩みの相談相手になる事もある。~
StrikerS本編では第10話でキャロの回想にて1カットのみ登場。
第16話で写真のみ登場。~
第21話では、台詞ありで登場。無限書庫に来て、ユーノの手伝いをしていた。~
既にヴィヴィオとも面識があり、第22話の回想では一緒に遊んでる光景があった。~
第26話エピローグではなのは・ユーノと共に魔法学院の授業を受けるヴィヴィオを見ており、ドアの隙間から写真を撮っていた。直後シャッハに見つかりなのは・ユーノとまとめて叱られていた。~

** ラグナ・グランセニック [#x0b4268b]
//Laguna Granscenic~
//綴り仮です
CV:[[中原麻衣>CV:中原麻衣]]~
シリーズ初登場:第17話(名前の登場は第22話)~
ヴァイスの妹。本編時点で12歳。6年前、とある事件に巻き込まれて犯人に人質にされ、動揺した兄ヴァイスに左目を誤射された少女。当時は6歳前後で、魔力弾自体は非殺傷のものだったが、「子供の眼球」という柔らかく繊細な部位に直撃を受けた衝撃で失明を免れなかった。今でも左目に眼帯をしており、その下の傷はもう消えているものの視力は回復していない模様。~
誤射事故以来兄妹間の会話がぎくしゃくしているが、兄を恨むことはなく、兄とまた仲良く話せるように願っている。~
第22話でシグナム、アルトから話を聞き兄のお見舞いに来た。~
第26話エピローグでは兄と共に同じ写真に写っており、どうやら和解できた模様。~
名前の由来は、おそらくルノー(フランスの自動車メーカー)の「[[ラグナ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%8A]]」。~

** 高町士郎 [#va0988ba]
CV:[[一条和矢>CV:一条和矢]]~
シリーズ初登場:1期第1話~
初登場:StrikerS SS01~
なのはの父。喫茶『翠屋』のマスター。StrikerS SS01では桃子共々ワンシーンのみの登場。~

** 高町桃子 [#s71bb4ec]
CV:天野エリカ~
シリーズ初登場:1期第1話~
初登場:StrikerS SS01~
なのはの母。喫茶『翠屋』のパティシエールおよび経理担当。StrikerS SS01にて士郎共々ワンシーンのみの登場。~
現在は43歳のはずだが、スバルとティアナは彼女の若さに驚いていた。~
フェイトはエリオらを育て始めた際、彼女からも助言を受けていたらしい。(StrikerS SS02)

** 高町美由希 [#gec6fc25]
CV:[[白石涼子>CV:白石涼子]]~
シリーズ初登場:1期第1話~
初登場:StrikerS SS01~
なのはの姉。また、A's SS01以来エイミィの親友であり、現在もその交友関係は続いている模様。~
StrikerS SS01では、妹が魔法使いになり、異世界に行ってしまうという状況への複雑な思いを垣間見せている。~

** エイミィ・ハラオウン [#x8ad58af]
CV:[[松岡由貴>CV:松岡由貴]]~
シリーズ初登場:1期第7話~
初登場:StrikerS漫画版Episode-3/StrikerS SS01~
旧姓はリミエッタ。~
漫画版開始時点では、時空管理局通信司令。身長160cm。~
4年前(A'sエピローグの年)にクロノと結婚し、ハラオウン姓となる。ちなみにクロノの2歳年上の姉さん女房。~
StrikerS本編では、二児(男女の双子)の母となり、専業主婦として長期休暇(育児休暇?)中。(StrikerS SSM)~
クロノの母にしてかつての上官リンディや、義理の妹の使い魔アルフと海鳴市の家で同居しており、子供の面倒等で2人にはかなり世話になっている模様。~
なお、子供はカレルとリエラ。双方ともに、エイミィと同じ色の髪とクロノと同じ色の瞳を持つ。(おそらく本編時点で)3歳。兄のカレルは優しく元気な男の子、妹のリエラは兄が大好きな明るい女の子。(メガミマガジン2008年1月号特集)。~
母子ともに、本編では第16話で写真のみ登場。

** アリサ・バニングス [#ne7f6c3e]
CV:[[釘宮理恵>CV:釘宮理恵]]~
シリーズ初登場:1期第1話~
初登場:StrikerS漫画版Episode-1/StrikerS SS01~
漫画版開始時点では、私立聖祥大付属中学校3年2組。(推測)~
StrikerS本編では、大学生。(StrikerSサウンドステージM)
中学生の頃(A'sエピローグ)からずっと髪型はショートのままらしく、StrikerS SS01のジャケットでもショートで出ている。~
海鳴市近傍の森の中にあるコテージを、はやて達の第97管理外世界の活動拠点として提供している。~

** 月村すずか [#ja2d8cd2]
CV:[[清水愛>CV:清水愛]]~
シリーズ初登場:1期第1話~
初登場:StrikerS漫画版Episode-1/StrikerS SS01~
漫画版開始時点では、私立聖祥大付属中学校3年6組。(推測)~
StrikerS本編では、大学生。(StrikerSサウンドステージM)~
StrikerS SS01では、家の庭をはやて達の転送先として提供している。

** 闇の書の意志 [#p990112f]
CV:[[小林沙苗>CV:小林沙苗]]~
シリーズ初登場:A's漫画版Prologue、A's第9話~
初登場:StrikerS SS03~
StrikerS SS03に登場。リインフォースIIの夢の中に回想で登場した。はやてのリンカーコアに思念が残っており、リインフォースIIの「夢」に記憶映像を映し出した。~
はやてと出会う前の回想では当然の事ながら「リインフォース」とは呼ばれない。~
また、自分が消える際に「記録映像」として「自身が観た『夢』」「次のリインフォース」に向けた言葉を残している。~

** 高町恭也、月村忍 [#s2f0deae]
ともに本人は未登場だが、StrikerS SS01にて、なのは達の会話の中で登場した。~
それぞれなのはの兄とすずかの姉で、1期の頃から既に交際していた。
結婚したのかを含め現在の状況は不明だが、美由希によると「仕事」関係で二人とも海鳴市を離れ、ドイツに行っているらしい。~

*その他(管理局関係) [#l6e997e7]

** ファーン・コラード [#b36d5a21]
初登場:StrikerS漫画版Episode-4~
所属:時空管理局第四陸士訓練校~
階級:三佐~
役職:第四陸士訓練校学長~
新暦72年時点で、スバル、ティアが在籍していた陸士訓練校の校長。過去に本局の戦技教導隊に所属していた。~
10年前(A'sの少し後ぐらい)になのは、フェイトたちを指導したこともあるとのこと。~
魔導師ランクはAAだが、AAAランクのなのはとフェイトが二人がかりでも倒すことができなかったほどの実力者。この時の所持デバイスは標準の杖型のデバイスであった。~
また、後になのはがスバルに出すことになる問題「強さの意味」を、なのはとフェイトに出題した人物でもある。~
名前の由来は、おそらく[[フォルクスワーゲン:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3]](ドイツの自動車メーカー)の[[コラード:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89]]。~

** ミラ [#q6056283]
初登場:StrikerS漫画版Episode-6/StrikerS第26話~
所属:自然保護局~
キャロの元上司で、女性の方。~
第26話エピローグで、名前は出なかったものの一瞬だけ登場した。~
名前の由来は、おそらくダイハツ工業(日本の自動車メーカー)の軽自動車「[[ミラ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A9]]」。~

** タント [#u1029b9a]
初登場:StrikerS漫画版Episode-6/StrikerS第26話~
所属:自然保護局~
キャロの元上司で、男性の方。~
第26話エピローグで、名前は出なかったものの一瞬だけ登場した。~
名前の由来は、おそらくダイハツ自動車(日本の自動車メーカー)の軽自動車「[[タント:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88]]」。~

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS